視力回復したい方へ

簡単な視力回復方法を紹介!

遠近法とは、近くのものを大きく描いて遠くのものを小さく描くような画法のことではなく、視力を回復するために近くのものや遠くのものを交互に見て筋肉を鍛える方法のことです。

目が、見ようとする対象にピントを合わせるときに、実は筋肉が働いています。

筋肉が使われているということを私たちはただ普段あまり意識しないだけで、近くのものを見るときも遠くのものを見るときも、筋肉が緩んだり締まったりということをして、ピントを合わせているのです。

視力回復方法を試す男

この筋肉が衰えると近視になりますし、老化でもっと極端に衰えてくれば近くにも遠くにもピントが合いにくくなる老眼が始まります。

そしてこの筋肉はトレーニングである程度は鍛えることが出来るので、視力回復のために遠近法のトレーニングを取り入れてみてください。

まず、人差し指を目の前に立て、人差し指にピントを合わせた状態で5秒ほどじっと見つめます。そして人差し指はそのままで、目だけ指の向こう側の遠くのものにピントを合わせます。それを10秒ほど見つめます。

それからまた人差し指にピントを戻して5秒…というのを繰り返し行います。1日に数回行うだけで徐々に効果が表れてくるでしょう。

また、人差し指を使って同じく目の前に指を立ててそこにピントを合わせたら、今度はそのまま指を徐々に目から離していき、腕を目いっぱい伸ばせるだけ伸ばしましょう。

目は指に焦点を当てたままにして置きます。そして指をまた目の前までゆっくりと戻しましょう。
これをあくまでゆっくり繰り返すということが大切です。

急激に行うと、毛様体筋にとっては逆効果なようです。良い刺激を与えるためにはゆっくり、毎日繰り返し行うのが良いようです

コンタクトレンズで視力回復できる技術!

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは、視力矯正器具ですから、装着している間だけ視力を良くするというものです。

しかし、「オルソケラトロジー」という技術があり、この技術で用いられるコンタクトレンズはこれまでの使い方とは全くの逆で、寝ているときだけ装着し、外したあとはしばらく裸眼視力が矯正されるというものなのです。

どうしてこのコンタクトレンズをつけて寝ると、翌日視力が良くなるのでしょうか。

実はこのコンタクトレンズは、装着して眼に入る光の屈折率を変えるという目的のものではなく、角膜の厚みを変えるために特殊な加工をされた「型」のようなレンズなのです。

レーシックで近視を矯正する際に、角膜を薄く削るのと同じように、オルソケラトロジーのコンタクトレンズでは、眼の中心部分の角膜が通常よりも若干薄くなるように圧迫する役割を果たします。

とはいっても、眼にはあまり負担がないということがメリットになります。

実際に角膜を削ってしまうわけではないので取り返しがつかないということもありませんし、しばらくすれば元に戻るというのはメリットでもありデメリットでもあるといえます。

一晩寝て起きたら翌日は裸眼で生活しても夜まではほぼ視力のことが気にならないそうです。ただし、効果の持続性には難があり、毎日装着して寝なければいけないということは面倒かもしれません。

またそれも含めて、定期的に通院する必要があるというのは、手術をしたあとに数回定期検診に行けば良いレーシックに比べると面倒な気もしますが、外科手術は躊躇するという方には、効果が早く出ることと眼への負担が少ないという点で好評のようです。

子供の視力低下の原因は?

子供

子供のうちは、眼球の形がまだ成長で奥に変形していく可能性があり、遠視に近い状態なのですが、成長するにつれてそれが近視に近づいていって成長が止まることで視力の変動も落ち着きます。

これに加えて、子供というのは外でボール遊びをするなどして動体視力や、目の周りの筋肉を遊びながら自然と養っていくわけですが、近現代の子供たちはインドアになってきています。

都会には単純に子供たちが遊べる広い場所がなかったり、家に集まってテレビゲームで遊ぶ子供も多くなっています。小学生の頃から携帯電話を持つということも少なくなってきました。

ゲーム機も持ち歩き出来る小型の携帯ゲーム機が人気で、外へ行っても家に帰っても移動中でも、液晶画面を見ているというのは、何も仕事をしている大人たちだけではなく、子供の間でもそうなってきているのです。

そうすると、昔は外で遊びまわるうちに自然と身についた目の運動機能が養われなくなってきました。

子供の視力回復方法

横になってゲームをしたり携帯をいじったり、左右の視力に差が出て来てしまうこともあります。基本的に近くばかりを見て過ごすために、近視に偏りがちで、眼鏡やコンタクトを作る子供は年々増えていっているように思います。

近視はただでさえ二十歳前後まで進行します。これは先述のとおり眼球が奥に伸びるように成長するからで、その分初めは遠視に近くても、成長が止まる頃に丁度良くなったりするものなのです。

しかし、子供の頃から視力低下が進行するような生活を送っていると、成長で進む近視以外にも視力低下を招く原因が多く、二十歳になる頃にはかなりの低視力になっていたりします。

こればかりは、親御さんが注意してみてあげていないと、子供自身では回避のほうに頭が回りませんから、よく気遣ってあげて欲しいところであると思います。

レーシック難民というリスク!

レーシック難民とは

最近レーシック難民という言葉を良く聞きます。難民という言葉は、何らかの理由で自国(国という概念があるとき)あるいは住んでいる場所から移動せざるを得ない人の事を言います。

レーシック難民と言う言葉は、それに似たような意味でレーシック手術を受けた後、いろいろな症状を自覚するも、クリニックなどの手術を受けた施設から満足のいく対応がされない人のことを言うのです。

レーシック難民の怒り

難民の場合は、受け入れるところがあれば難民ではなくなりますが、レーシック難民の場合も同様に、他のクリニックなどで問題が解決すれば良いのですが、そうでない場合は、眼に関しては難民と似たような状況になります。

これを回避するためにもレーシックの費用は高くても、アフターケアのしっかりした大手で受けるのがベストでしょう。例えばレーシック 札幌で受けるなら品川近視クリニックや錦糸眼科がおすすめです。

レーシックリスクの主な例

具体的な診断の付く合併症や副作用などを別にしますと、レーシックの手術した後で起きやすい症状は、過矯正による遠視、乱視、グレア、ハローなどでしょう。

過矯正は、視力は回復するのですが、俗に見えすぎる状態になり近くが見えにくくなるようなことをいいます。

これは、視力の回復のみを優先して生活環境を余り考えない治療方針からくるような場合や近視の状態で長く生活してきて突然視力が回復したため違和感がある場合や手術後に一時的に遠視の状態になっている場合等があります。

ひどい場合は、再手術で矯正できる場合はあるようですが、一般に再手術は技術的に難しいこともあり躊躇するクリニックも少なくありませんし、手術したクリニックで使用する器機の性能から再手術が効果をあげないこともあるために、この問題の解決を難しくしています。

手術後の乱視は、視力矯正のためにレーザーを照射したときに微妙な歪みが残ったために起こるとされています。この場合も、上記の過矯正と似たような理由から問題を難しくしています。

グレア、ハローは、暗いところで眼の瞳孔が開いたときに、街灯などの光源がボヤけたり滲んだりする症状ですが、レーシックでは多かれ少なかれ現れる症状で、ひどい場合は再手術となるようですが、上記と同様な理由で再手術は難しい場合もあります。

error: Content is protected !!