大学生がお金を借りるベストな方法!※即日キャッシングも可能?

大学生でも急な出費でお金を借りたくなることってありますよね。大学生でも条件をクリアすれば問題なくお金を借りることはできます。

今回は大学生がお金を借りる方法を紹介しますね。

大学生がキャッシングできる条件!

キャッシングは大学生でも利用することができますが、満20歳以上であることがまず最初の条件です。未成年は例え既に就職をしているような場合でもキャッシングの利用はできません。

消費者金融や銀行カードローンの利用ではなく、クレジットカードによってもキャッシングは可能ですが、これも未成年にはキャッシング枠が付かないカードの発行しか行っていません。

何故未成年はキャッシングはできないのかと言えば、未成年が単独で行った契約はその保護者が一方的に解約することができる為です。

キャッシング会社側も、折角結んだ契約を保護者によって解約されてしまってはたまりません。ショッピングローンとは違って直接お金を借りる契約だけに、キャッシングは自分自身で契約について責任をとれる成年のみが利用できるのです。

満20歳以上は絶対ルール!

 

定期的な収入は必要

アルバイトの給与明細書

大学生がキャッシングを利用する次の条件として、定期的な収入が必要になります。この定期的とは毎月ある程度の収入がある状態のことで、学生に多い夏休みなどの長期の休みだけアルバイトをしているような場合は対象外です。

決まったアルバイト先があり、毎月収入がある状態でないと大学生がキャッシングを利用してお金を借りることはできません。

キャッシングの審査では職場の在籍確認もあるので、決まった勤務先で定期的にシフトに入ってアルバイトをしていることが条件だと考えてください。

毎月収入のあるアルバイトをしていること

 

いくらまでお金を借りられる?

これは大学生だけに限りませんが、キャッシングで借りることができるのは消費者金融では年収の1/3までになります。

銀行カードローンにはこの制限はありませんが、大学生というだけで申込みが行えなかったり、限度額が10万円の固定になるようなことも多いので、銀行より消費者金融の利用をおすすめします。

大学生の場合、直近の2ヶ月分の月収から年収を計算することが多いです。その為に給与明細票の提出が必要になるので、毎月勤務先からもらえる給与明細票は大事にとっておきましょう。

大学生なら銀行カードローンより消費者金融

 

親バレなしで利用するには?

キャッシングでお金を借りることが親にバレたくない場合、一番気を付けるべき点は自宅への郵便物です。

消費者金融では自宅への郵便物なしで契約を行うことが可能なので、返済の遅延さえしなければそのような郵便が届くことがありませんが、問題はキャッシングカードの受け取りになります。

これを自動契約機から受け取ってしまうか、もしくはカードレスキャッシングを利用することで、極力親にはバレずにキャッシングを利用することができます。自動契約機からカードを発行するには、ウェブ申込で「続きは自動契約機から行う」を選択することで可能になります。

また、プロミス、モビットの両社ではカードレス契約が行えるので、それを利用するとカードの発行自体がありません。これなら自宅にカードが届くことはなく、大学生が親にバレずにお金を借りるには一番いい方法です。

※ただし、モビットのWEB完結は社会人のみが利用できるシステムなので、大学生がカードレス契約をしたい場合はプロミスの方に申込みを行ってください。
プロミスのカードレスキャッシングは親バレの心配なし

 

大学生キャッシング まとめ

いかがでしたか?大学生でも満20歳以上で定期的な収入があればキャッシングでお金を借りることができます。

また、親にバレずに利用するには自動契約機からカードを発行するか、カードレスキャッシングを利用しましょう。プロミスであれば学生でもカードレス契約が可能です。

あとは返済は絶対に遅延しないように気を付けてください。これをやると、その連絡や郵便物が自宅まで来る可能性があるので親バレの原因になります。

以上、参考にしてください。