低収入でもキャッシングできる?低所得者が借入する条件!

キャッシングしたいとき、低収入でも審査に通るのか気になりますよね。ズバリ低所得でもキャッシングは可能です。

いくつか注意事項がありますので、今回は低所得の場合のキャッシングについて紹介しますね。

最低年収は30万円?!

キャッシングを利用するには、まず利用する本人に定期的な収入があることが条件で、年収の1/3が借りることができる上限です。

そして、キャッシングの最低限度額は10万円なので、利用可能金額が1~500万円とうたっている消費者金融でも実際は10万円未満の契約はできません。最低でも10万円の審査に合格しないとキャッシングは利用できないということです。

つまり、低収入だとしても30万円以上の年収があることがキャッシングを利用できる大前提になります。

1万円だけが借りたい場合には、10万円の限度額で契約を行った後に1万円だけを借りれば大丈夫です。限度額はあくまで利用できる枠なので、無理にそこまで借りる必要はありません。

定収入でも年収30万あればキャッシング可能!

 

パートやアルバイトでも構わない?

会社員の場合はまず問題ありませんが、パートやアルバイトの場合は年収が30万円に達しない人もいると思います。特に学生が大きな連休中だけアルバイトをするケースではキャッシングの利用は難しいです。

その理由は年収にして30万円に達しないというだけでなく、定期的な収入という条件からも外れてしまう為です。

キャッシングの返済は毎月行わなければならないので、収入もそれに合わせて毎月必要になります。

たとえ年収にして30万円を超える場合でも、年に4回の連休中だけ各8万円ずつ稼いだような場合はキャッシングの利用対象にならないので注意してください。
 

収入証明書の提出は必要?

会社員の場合は50万円までは原則的に必要になりませんが、パートやアルバイトでは希望金額に関わらず収入証明書の提出を求められると思っておいてください。

これには直近の2ヶ月分の給与明細票が利用されることが多く、その合計に6を掛けた金額を概算の年収と扱います。

ですが、最低の限度額の10万円の希望であれば必要にならないことも多いので、これが用意できない場合は10万円の希望で申し込んでみてください。

パート・アルバイトは収入証明書が必要!

 

パートやアルバイトの借入限度額は?

パートやアルバイトで低収入の人が借りられるのは30万円までだと考えてください。30万円を借りるには90万円以上の年収が必要ですが、それ以上の年収がある場合でも多くの場合、30万円が限度になってしまいます。

キャッシングの審査は職業やその安定性まで考慮して行っています。パートやアルバイトの場合、会社員と比べて低収入というだけでなく、いつ辞めてしまうか分からないと思われてしまいます。その点から、多くても30万円を上限としていることが多いのです。

パートやアルバイトの借入は30万までと考える!

尚、この30万円とは自身には収入のない専業主婦が配偶者貸付という制度を利用して、夫の収入を頼りに契約をする際や、他社も含めて全く初めてのキャッシングの利用の際にもよく適用される数字です。

キャッシングの世界では30万円という数字が1つのラインとなっていると言っていいでしょう。金融業者もここまでなら低収入の人や自分には収入のない人、初めての人に貸しても大丈夫だと考えているのです。
 

低所得のキャッシング まとめ

いかがでしたか?
低収入の人でも30万円以上の年収があればキャッシングを利用することができます。

これで安心してキャッシングも申し込みできますね。

ただし、毎月定期的に給料をもらっていることが条件です。会社員以外の場合、借りられるのは多くても30万円までだと考えておいた方がいいでしょう。

是非参考にしてください。