キャッシング審査に通らない理由とは?【審査内容と即日で通る条件】

キャッシング審査に通らない場合、実際にどんな理由で審査落ちするのか気になりますよね。

各業者ごとに細かくルールがありますが、大まかにこんな人は審査に通らないという共通した条件は存在します。

今回はキャッシング審査に通らない場合の理由や即日融資の条件について詳しく紹介します。

審査で落とされてしまう代表的な要素

キャッシングの審査では色々な要素から判断が行われます。具体的には

年収の1/3までの総量規制に引っ掛かっていないこと
現在の利用件数や過去に返済トラブルを起こしたか
現在の職場への勤続年数
職場自体の安定性
既婚や未婚
毎月の固定支出(抱えているローンや月々の家賃など)

などなど、細かいことまで考慮した上で結果を出します。この中で一番落とされてしまう原因となるのは、過去の返済のトラブルです。

一度数日程度の遅延をしてしまったくらいではそう不利になることはありませんが、現在でも延滞している支払いがあるような場合はまず審査に合格することはありません。

これはキャッシングについてだけでなく、あらゆるローン契約が対象になります。
 

審査が不利になる要因

5年以内の信用情報


審査の際に参照される信用情報にはキャッシングについての情報はもちろん、車のローンや通信販売に至るまであらゆるローン契約の返済状況が記録されています。

完済した後でも約5年分の情報が参照できるので、その中に長期に渡って延滞した記録や、何度も遅延したような記録があると、それだけで審査にかなり不利になると考えてください。

若者は携帯の支払い延滞に注意!


携帯の支払い延滞に注意

若い人が審査で落とされてしまう原因として意外と多いのが、携帯電話の支払いについてです。

実はこれも各キャリアとも全て信用情報に記録されており、月々の料金の支払いを何度か延滞したことがある所為でキャッシングの審査に通らないこともあるという訳です。

信用情報とは文字通り、その人のお金に関する信用を表す情報です。これに問題があるとキャッシングの審査が不利になるのは当然だと考えてください。
 

即日融資で審査落ちしないために

現在キャッシングでは即日融資は当たり前ですが、その際の審査でも当然この信用情報は徹底的にチェックされます。

キャッシングの利用は初めてでも、過去に何かのローンの支払いを遅延したことがあると、それが問題になる可能性があります。

更に大切な判断要素になるのが毎月の固定支出です。何かしらのローンを抱えている場合だけでなく、賃貸物件に住んでいる場合は毎月家賃の支払いが発生するので、その分を考えた上で返済ができるか判断されます。

賃貸暮らしの場合は、実家やローンのない持ち家の場合と比べて審査に通りにくくなってしまうのは仕方ないと言えるでしょう。

家賃や住宅ローンなどの固定費も審査にマイナス

 

即日融資を希望でも、もし現在延滞中の支払いがある場合にはそれを返済してから改めて申込みを行った方が、全然印象が良くなります。急いでいる場合でも、先にこれだけは行っておくことをおすすめします。

また、できる限り希望金額を小さくすることも忘れないでください。金額が大きいほど審査は厳しくなります。すぐにお金が必要な時は必要最低限の金額で申込みを行ってください。

現在の支払い状況などはキレイにしてから申し込むこと!

 

今までに借入したことがない場合

キャッシング初心者信用情報に記録されるキャッシングやローンを一切利用したことがない場合、審査に通りやすいと思われるかも知れませんが、これは間違いです。

確かに抱えているローンはありませんが、そういう人は定期的な返済を行った経験もないので、これからきちんと支払いを続けられるという信用もありません。

キャッシングの世界では全く利用経験がない人より、ある程度の利用経験がある人の方が信用されます。

ですので初回はあまり高額融資は望まないようにしましょう。
 

キャッシング審査に通らない理由まとめ

いかがでしたか?今回はキャッシング審査に通らない理由について紹介しましました。

これで審査を受ける前に、だいたいの結果がわかりますよね。これらのことを考慮してキャッシングに申し込んでください。

キャッシングの審査では信用情報がとても大切になります。いくら収入があったとしても、これに返済のトラブルが多数記録されているようだとキャッシング審査に通りません。

そして、できるだけ少ない金額希望にするとそれだけ審査に合格しやすくなるので、急ぎの場合こそ本当に必要な金額だけで申込みを行ってください。