アイフル審査の流れを徹底解説!~条件・書類・時間・電話内容など

アイフルに申し込む前に、最低限の審査の流れは知っておきたいですよね。細かい審査条件をしっておけば、より早く借入することが可能です。

今回はアイフル審査の流れについて詳しく紹介します。

アイフルの審査時間は最短30分?

アイフルの審査時間は他の大手消費者金融と同様に最短30分で終了します。ですが、その為にはあらゆる条件に沿っていることや、職場への在籍確認がスムーズに行われたことが前提なので、実際には1時間はみておいた方が無難です。

アイフルの審査時間
 

利用条件、総量規制の問題

これはアイフルだけに限りませんが、消費者金融のキャッシングは、まず申込みをした人の本人確認書類を利用して本人確認を行うことから始まります。

特に利用条件の年齢が引っ掛かってしまう場合はその時点でアウトです。アイフルを利用できる年齢は満20~69歳までです。

更に、年収と希望金額、信用情報による現在の他社からの借り入れを確認し、総量規制に引っ掛からないかの確認が行われます。ここで引っ掛かってしまうようでは契約どころの話ではありません。

アイフルの対象年齢は満20~69歳まで

 

勤務先、勤続年数、過去の利用状況の確認

審査の流れとして、次に勤務先やその職場への勤続年数、また信用情報による過去の利用状況の確認が行われます。

現在の借り入れが無かったとしても、過去にアイフル以外のキャッシングやローン、クレジットカードを利用したことがある場合には、その利用中に何かトラブルを起こしていないかを調べます。

キャッシングは原則的に無担保融資なので、その人の信用に対してお金を貸してくれるということになります。

よって、勤務先が有名企業だったり、長く勤務をしていたり、過去に何もトラブルを起こしたことがない人は信用できると判断されるのです。

勤務状況、借入状況で個人の信用をチェックされる

 

収入証明書が必要になる場合

提出書類

アイフルに50万円を超える金額を希望した場合や、他社の借り入れと合わせて100万円を超える借り入れになる場合には、本人確認書類と一緒に収入証明書の提出が必要です。

アイフルで収入証明書として認めている書類は、個人での利用時は源泉徴収票や給与明細票、確定申告書の写し、住民税などの税額決定通知書、課税証明書になります。

給与明細票の場合は直近の2ヶ月分、その他の書類は最新年度のものを用意してください。税額決定通知書や課税証明書は管轄の役所で発行してもらうことできます。

※収入証明書が必要になる希望金額
50万円を超える金額
他社の借入と合わせて100万円を超える金額

 

居住実態もチェックされる

持ち家やマンション

この居住実態とは、住んでいる自宅が持ち家なのか賃貸なのか、結婚しているのか、子供はいるのか、何人で住んでいるのかといった世帯情報のことです。

キャッシングの審査ではこの情報も大切で、例えば賃貸の場合は毎月家賃が固定支出として掛かるので、収入よりそれを割り引いて考えなくてはいけません。

総量規制こそ問題はなくても、返済の為にどれだけ自由に使えるお金があるのかという点では大きな違いになるからです。

また、結婚をしている人はしていない人より信用できると判断されることが多く、大人数で同居しているほど返さずに逃げてしまう可能性は低いと考えることができます。

固定支出は審査ではマイナス要素!

 

在籍確認の電話

勤務先への電話確認

アイフルの審査の最後は職場への在籍確認を行うという流れになります。ここまでに何か問題があったり、収入証明書の提出が必要なのにそれが用意できていなかった場合にはその時点で審査を通過できません。

在籍確認の電話はその職場に確かに在籍していることだけ確認できれば構わないので、本人が出る必要もなく、出ることができた場合もその内容は氏名や生年月日の確認程度です。

もちろんアイフルと名乗ることはなく、担当者の個人名で掛かってくるので、それほど心配する必要はありません。

※パートやアルバイトの場合
パートやアルバイトの場合は何か理由を考えておいた方がいいかも知れません。

例えば携帯電話が壊れてしまったので仕方なく職場まで掛かってきてしまったなどという内容がいいでしょう。

 

アイフル審査の流れまとめ

いかがでしたか。アイフルの審査の流れについて紹介しました。

アイフルの審査は年齢や総量規制の確認から始まり、利用状況と必要書類の確認、それから職場についてや居住実態といった情報による判断という流れで行われます。

在籍確認が一番最後なのは、先にこれを行ってもそれ以外の要素によっては無断になってしまうことがある為です。つまり、在籍確認まで行われたということは、それさえ確認できれば審査に合格したということになります。

ぜひ参考にしてください。