プロミスのメリット・デメリットを徹底検証!プロミスで後悔しない?

プロミスを利用する前にしっかりとプロミスのメリット・デメリットは知っておきたいですよね。最初から特徴を理解しておけば後で後悔しなくてすみます。

今回はプロミスのメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

プロミスのデメリットは?

まずはプロミスのデメリットですが、業界最大手のプロミスは他の消費者金融と比較すると、あまり大きなデメリットはありません。はっきりと他社より負けている(注力していない?)といえるのは下記のおまとめローンぐらいです。
 

おまとめローンの最高融資額が低額

キャッシングオペレータープロミスでは借り換え専用のおまとめローンと呼ばれている通常のフリーキャッシング契約とは別の契約も扱っていますが、この契約での最高融資額は300万円までとなっています。

おまとめローンには貸金業法の例外規定により総量規制が適用されないので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れも可能なのが特徴ですが、それでもプロミスでは最高でも300万円までしか融資を受けられません。

他社のアイフルではおまとめローンで500万円まで融資を受けられるため、これはプロミスのデメリットだといえるかもしれません。

サービス名 融資額の上限
アイフル かりかえMAX 500万円まで
アイフル おまとめMAX 500万円まで
プロミス おまとめローン 300万円まで
アコム 借り換え専用ローン 300万円まで
レイク 完済応援プラン 300万円まで

 
 

プロミスのメリット!プロミスを選ぶべき具体的な理由!

プロミスのメリットとデメリット

次はプロミスのメリットを挙げていきます。他の消費者金融と比較してプロミスが優れているものを6つにまとめてみました。

\下記をクリック/


 三井住友銀行との連携サービス


プロミスは三井住友銀行のグループ企業です。そしてその連携サービスとして、三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できます。また三井住友銀行に口座を持っていれば、24時間いつでもネットからの操作で即日振込で借り入れが行えるサービスを提供しています。

このような点から、三井住友銀行の支店が近くにある場合、または既に口座を持っている場合には、プロミスは他社にないメリットがあると言えます。


 他社より金利が低い


プロミスの最高金利は年利17.8%で、大手他社の18%より0.2%低くなっています。この最高金利は100万円未満の借入で適用されるもので、つまりほとんどはこの金利が適用となるため、他社よりも実質的な金利が低いです。

この0.2%は金額にすると、例えば30万円を1ヶ月間借りた場合で約50円の違いです。その分だけでも金利が低いに越したことはないと考えるか、それほどでもないと思うかは人によるところですが、利息制限法で定める最高金利の18%にしていないプロミスの姿勢に好感が持てますね。

金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18% 800万円
アコム 3.0~18% 500万円
アイフル 4.5~18% 800万円


 他社より便利な30日間無利息サービス


プロミスは新規利用者に30日間の無利息サービスを提供しています。無利息サービスは他社でも行っていますが、プロミスだけは初回の借り入れ時から無利息期間がスタートするので、契約日にキャッシングをしなかった場合でも1日も無利息期間を無駄にすることがありません。

これは相当大きなメリットだと言えるでしょう。

無利息の開始日
プロミス キャッシング利用日からカウント
アイフル 契約日からカウント
アコム 契約日からカウント
レイク 契約日からカウント


 独自のポイントサービス


また、プロミスとの契約後に利用できる会員サイトでは独自のポイントサービスを行っており、ポイントを溜めることで提携ATMの手数料が無料になるサービスや、2回目以降の無利息サービスを受けることができます。


 専用アプリでカードレスキャッシング可能!


そして、つい最近始まったのがカードレスキャッシングです。プロミスのスマホ用アプリを利用すると、セブンイレブンATMからカードレスでキャッシングや返済が行えます。

このサービスはモビットが先行して行っていましたが、プロミスでも利用できるようになりました。カードを持ち歩く必要がなく、またセブンイレブンATMは全国にあるので非常に便利です。

プロミスのカードレスキャッシング


 最多の無人契約機とATMの設置数


大手消費者金融では各社とも全国各地に無人契約機やATMを設置していますが、その設置数が一番多いのがプロミスです。無人契約機は1,200を超える数を誇り、ATMの数はそれ以上です。

プロミスのATMは手数料無料で利用できるという点から、全国にその数が多いほど利便性が高いといえるでしょう。ATM手数料は馬鹿にならないので大きなメリットです。
 

※業界内でのプロミスの位置づけ

日本には約2,000社の消費者金融が存在しますが、その中でも1、2を競っているのがこのプロミスです。プロミスでは利用者に対して多数のサービスを用意しており、それが業界トップを争うまでの人気になっている理由です。

プロミスと1位を争っているのはアコムで、こちらもサービス面では負けていないと言えますが、同じく大手都市銀行のグループ企業という同士でも、その銀行との連携が強い点がプロミスを利用するメリットの1つになります。

 

プロミスのメリット・デメリット まとめ

いかがでしたか?プロミスは業界最大手の消費者金融で、サービス面には定評があります。

他の消費者金融と比較しても、ほとんどの面では有利・便利なサービスが行われており、デメリットよりメリットの方がはるか大きいといえるでしょう。

是非参考にしてください。