キャッシングの年齢制限に注意!上限下限は何歳まで?

キャッシングする時に、若い方や高齢の方は年齢制限があるのか気になりますよね。実際にキャッシングに年齢制限があるので申し込み前に理解しておく必要があります。

今回はキャッシングの年齢制限について詳しく紹介します。

キャッシングには年齢制限がある!

キャッシングする為は、まず年齢制限に引っ掛かっていないことが第一条件です。

年収や職業、場合によっては居住している地域にも条件が付くこともありますが、適応年齢に該当してなければその時点で門前払いとなってしまいます。
 

未成年は利用できません

まずキャッシングは満20歳以上であることが絶対条件なので、未成年は利用することはできません。

これはどの金融会社を利用しても一緒で、未成年はクレジットカードを作ってもキャッシング機能が付きません。カードキャッシングは成年になってからということです。

逆に上限年齢には特に決まりはなく、各社ともそれぞれ独自に設定していますが、消費者金融では概ね69歳を上限としていることがほとんどです。

プロミス、アコム、アイフル、モビットといった有名な消費者金融各社でも共通してこの69歳を上限としており、申込み時に満20~69歳の範囲でないと利用することはできないと考えていいでしょう。

キャッシングは満20歳~69歳の年齢制限あり

 

キャッシングは自動更新制

キャッシングは一度契約を行うと、借入残高をゼロにして自ら解約を申し出た場合、または年齢制限の上限を超えてしまった場合以外は、例え一気に全額返済をしても契約自体はずっと続いています。

正確には数年ごとに自動更新される仕組みとなっており、その更新時に特に問題がないと判断されれば特にその時に連絡が来るようなこともなく、勝手に更新されています。

▼上限年齢を超えた場合の注意点
利用中に上限年齢(だいたいは69歳)を超えてしまうと、その時点で追加での借り入れが一切行えなくなります。69歳が上限の場合は70歳になった日から、その後は借入残高の返済だけを行っていくことになります。

契約自体はその返済が続く限り続きますが、完全な返済専用の契約となります。上限ギリギリの69歳で申込みを行ったとしても、70歳になる日までは自由に借り入れを行うことができます。

 

何故未成年は利用できないの?

上限年齢はともかく、何故未成年はキャッシングできない年齢制限があるのか疑問に思うかもしれません。それは民法で未成年が勝手に結んだ契約は保護者に当たる人物が一方的に解除することが認められているからです。

キャッシング会社側としても、せっかく結んだ契約を後から他人によって解除されてはたまりません。子供が勝手に契約してしまったというようなトラブルの元にもなるので、本人自身で責任をとれる成年になるまではキャッシングを利用することはできなくなっています。

近年選挙権が18歳に引き下げられたことから、将来的には成年の年齢も18歳まで引き下げるという考えも出ているそうなので、近い将来は満18歳から利用できるようになるかもしれません。ですが現在は法的に責任がとれない未成年はキャッシング行為は行えません。

民法では、20歳以上が成年とされ(民法*4条)、未成年者は「制限行為能力者」として単独で有効に契約を締結することはできません。つまり未成年者は、法定代理人の同意を得なければ単独で有効に契約をすることができません(5条1項)。法定代理人の同意を得ないで締結した契約は取り消すことができるものとされています(5条2項)。
 

キャッシング年齢制限のまとめ

いかがでしたか?
今回はキャッシングの年齢制限について紹介しました。

キャッシングは年齢制限によって、満20歳以上の成年であることが第一の利用条件です。そして、上限年齢は各社によって違いますが、概ね69歳までだと考えておけば間違いありません。利用中にそれを過ぎた場合は、返済専用の契約となります。

これで安心してキャッシングを利用できますね。是非参考にしてくださいね。