プロミスは収入証明書不要なの?【収入証明書なしの条件】

プロミスで借入をする場合、収入証明書が必要なのか知りたい方は多いと思います。収入証明書が必要かどうかは条件によって違ってきます。

今回はプロミスでキャッシングする場合の収入証明書について詳しく説明します。

50万円を超えるなら必ず必要!それ以下は?

プロミスを利用する際に収入証明書が必要になるのは、まず希望金額が50万円を超える場合です。50万円ちょうどの場合は必要ありません。

そして、50万円以下の希望でも必要になるケースがいくつかあります。

1つは既に①他社で利用している借入金額と合わせて100万円を超える場合(100万円ちょうどは収入証明書不要)。

また②職業が会社員以外のパートやアルバイトの場合です。(職業についてはプロミス側の判断になります)

50万円を超える場合と他社との合計が100万円を超える場合に関しては、貸金業法によって定められています。

※収入証明書が必要になるケース
希望金額が50万を超える場合
希望金額が50万以下で、かつ他社との借入利用額の合計が100万を超える場合
希望金額が50万以下で、かつ職業がパート・アルバイトの場合

 

①他社利用額との合計が100万を超える場合の注意点

札束

他社での利用額とは、契約している「限度額」のことです。実際には10万円しか借りていない場合でも、限度額が30万円ならその30万円だとカウントします。この点を間違えないように気を付けてください。

他社の限度額や実際に借りている金額は審査時に信用情報によって分かります。本当は他社を利用しているのにそれを申告しないと、ウソをついたと判断されてしまい、本来は合格できる審査だったとしても落とされることがあります。

キャッシングの申込み内容にウソがあると、例えその場で発覚しなかったとしても、後でそれが分かった時に一気に全額の返済を要求されたり、追加での借り入れが行えなくなるなどのペナルティを受ける可能性があるので注意してください。
 

②会社員以外だと収入証明書は必要になる

収入証明の書類

ズバリ、会社員以外(パート・アルバイト)の場合、希望金額に関わらず収入証明書が必要になると考えておいてください。

その理由は、会社員と比較するとパート・アルバイトはその職場でいつまで勤務するか分からないという点と、固定給ではないことが多いので実際にいくら収入があるのかを確認する為です。

キャッシングの利用には定期的な収入が必要になります。その確認も合わせて、この場合には収入証明書として直近の2ヶ月分の給与明細票の提出を求められることが多いです。

給与明細票をなくしてしまったという場合には、管轄の役所で発行してもらえる年収が確認できる書類でも構いません。

その場合には最新年度の課税証明書(年収が103万円以内の場合は非課税証明書)がいいでしょう。これなら役所に行けば、その場ですぐに発行してもらうことができます。ただし、発行料として数百円程度掛かります。
 

プロミスで収入証明書として認められている書類は?

パートやアルバイトの場合は上記のように給与明細票だけで構いませんが、会社員の場合は最新年度の源泉徴収票、もしくは確定申告書の写し、または年収の記載のある税額通知書や課税証明書が必要になります。

2ヶ月分の給与明細票でも構いませんが、その場合は実際の年収より多少低く判断されることが多くなるので、できればそれ以外の書類を用意した方がいいでしょう。
 

有効な収入証明書

パート・アルバイト 給与明細書
会社員 最新年度の源泉徴収票
確定申告書の写し
年収の記載のある税額通知書や課税証明書

 

プロミスでの収入証明書の有り無しまとめ

いかがでしたか?
今回はプロミスでの収入証明書の有り無しについて紹介しました。

プロミスで収入証明書不要で契約が行える条件は、50万円までの希望で且つ現在の他社の利用額と合わせて100万円を超えない場合です。

また、職業がパートやアルバイトだと50万円未満の希望でも必要になることが多いので、将来的にキャッシングの利用を考えている場合には毎月の給与明細票を大事にとっておいた方がいいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。